この記事は……。

  • 性感染症を予防したい
  • HPVのワクチンを打ちたい
  • パートナーを守って幸せな時間を作りたい

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

 

HPVはほとんど人がかかるもの

ヒト乳頭腫ウィルスともよぶこのウィルスは
女性であれば80%以上、男性は90%以上が生涯で一度は何らかのHPVに感染すると言われています。
良性のものに変化すればまだいいのですが、
中には悪性になりがんを引き起こすものものもあります。
また、ハイリスクなHPVは約5割の女性が感染するという報告もあります。

 

治験ボランティアに参加することは自分とパートナーと社会のためになる

HPVは男女感染します。
とくに女性はHPVによる子宮頸がんの感染がほとんどです。
男性では中咽頭がん、陰茎がん、肛門がんなどの性交に関わる部位でのがん化に関連しています。(60?90%程度の割合がHPV感染によるものとされています)
そのためHPVに感染している男性から、
性交によって女性へと感染させてしまった場合は、
これらのがんを引き起こさせてしまう可能性が非常に高まります。

 

治験ボランティアでワクチンを接種するメリット

「(1)自分と相手のためになる」
未然に『がん』を回避することにあります。
これは自分と相手のためになる行動になります。

 

「(2)社会のためになる」
治験は薬を医学的なステップとして先に進むためにどうしても必要です。
あなたの勇気ある行動で将来的に救える命もあります。

 

「(3)費用の心配はいらない、それどころかお金をもらえる!?」
【ぺいるーと】で治験に参加するとき、
かかるのは交通費や初診料・再診料のみです。
また、治験に参加する方の時間的拘束や経済的負担を軽減する目的で支払われるお金を受け取ることができます。

 

HPVワクチンは高い!?でも【ぺいるーと】なら安心

まだ日本では承認されていないので、
自費でHPVワクチンを接種すると数万円以上?の高額な費用がかかります。
ですが「【ぺいるーと】」の治験に参加すれば、
費用は交通費や初診料・再診料のみ!
また治験参加者は「負担軽減費」として支払われるお金を受け取ることができます♪

 

【ぺいるーと】の信頼性

【ぺいるーと】】は業界トップクラスのモニター数を誇っており、
東京では治験実施数は全国No.1の実績があります。

 

【ぺいるーと】の治験ボランティアはどこで受けられる?

HPVワクチンのワクチン接種は
茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川/大阪府/京都府/兵庫/奈良
などなど全国から受けられます!
↓のリンクより公式サイトにアクセスできます。

 

治験ボランティアで不安や不幸を未然に防ぐ

がんは一度かかると重症化しやすい病気です。
また金銭的・精神的にも多大な負担がかかります。
ですが【ぺいるーと】の治験に参加すれば、
そんな不安を未然に防ぐことができます。
パートナーと幸せな時間を送りたいなら
何よりも優先して治験に向かうことを強くオススメします。

 

 


 

性器クラミジア感染症は性感染症の中で最も多いものです。

男性では尿道炎を起こすことが多く、それをクラミジア性尿道炎といいます。非クラミジア性非淋菌性尿道炎は、クラミジア性尿道炎と症状や治療がほぼ同じです。

 

 膣性交、フェラチオ、肛門性交で感染し、感染後1?3週で発症します。膣にペニスを入れなくても、素股(すまた)でも感染します。尿道から水のような分泌物が出たり、かゆくなったり、尿をする時にヒリヒリする感じ、熱っぽい感じがすることが多いですが、症状が出ない人も半分近くいます。症状が出ない人は、自分で気づかずにパートナーに感染させています。女性の咽頭感染は症状が出ないことが多く、生フェラで男性に感染します。性器を洗浄しイソジンガーグルでうがいをしても、感染を完全には予防できません。医者にかかると、尿の検査で診断して、ジスロマックまたはビブラマイシンを処方されます。治療が不完全なこともあるので、治療後2?3週目に尿の検査をして治癒を確認したほうがよいでしょう。

 

 予防にはコンドームがよく、フェラチオでもコンドームを付けましょう。

 

(2) 淋菌感染症

 

 淋菌(りんきん)感染症は、男性では尿道炎が多いです。膣性交、フェラチオ、肛門性交で感染し、感染後2?7日で発症します。尿道から黄白色の多量のうみが出て、尿をする時に痛みます。

 

 医者にかかると、尿を検査に出して、ロセフィン、ケニセフ、またはトロビシンの注射をされます。耐性菌が多いので、治療後に尿の再検査をします。淋菌感染症の20?30%は性器クラミジア感染症を合併しているので、クラミジアの検査も一緒にします。

 

 予防にはコンドームがよく、フェラチオでもコンドームを付けましょう。

 

(3)性器ヘルペス

 

 単純ヘルペスウイルス1型または2型の感染によって、陰部に発疹が出現します。初感染の場合は、2?10日の潜伏期の後に、陰部に直径1?2mmの水ぶくれができ、3?5日後にやぶれて、ただれができます。男性同性愛者の肛門性交では、肛門付近にも発疹が出現します。発疹が治っても、ウイルスは潜伏しており、ストレスなどで再発することが多いです。再発の場合は、初感染の時と同じ場所に発疹が出現し1週間以内に治ります。

 

 医者にかかると、アシクロビルまたはバラシクロビルという飲み薬を処方されることが多いです。アシクロビル、バラシクロビルなどの抗ヘルペスウイルス薬は発疹には有効ですが、潜伏感染の排除には無効です。

 

 性行為のパートナーの陰部や口唇に発疹があれば、直接触れない方が安全です。陰部や口唇に発疹がなくても、潜伏感染がある人はウイルスを出していることがあります。コンドームで完全予防はできないので、陰部ヘルペスや口唇ヘルペスにかかったことがある人との性行為は、注意が必要です。

 

(4)尖圭コンジローマ

 

 尖圭(せんけい)コンジローマは、性器へのヒトパピローマウイルス感染症です。潜伏期間は3週?8ヶ月で、ペニス、陰のうに「鶏のとさか」ようなイボがたくさんできます。男性同性愛者の肛門性交では、肛門内に尖圭コンジローマができます。 尖圭コンジローマがある人はHIV感染症を合併していることがあるので、HIVの検査を受けましょう。

 

 医者にかかると、ぬり薬、凍結療法、外科的切除法などで治療されますが、再発することが多いです。予防にはコンドームが役立ちますが、広い範囲に感染がある場合はコンドームで完全予防はできません。

 

(5)梅毒

 

 感染後3週間位するとペニスに堅いしこりができ、中心部がただれてきます。鼠径リンパ節が腫れますが、2?3週間で無症状になります。無症状になったからと言って治癒したわけではないので、感染後6週間したら血液検査を受けましょう。陽性の場合はアンピシリンの内服で治癒しますが、HIVにも感染していることがあるのでHIV検査も受けましょう。

 

 予防にはコンドームがよく、フェラチオでもコンドームを付けましょう。

 

(6)HIV感染症

 

 HIV感染症は感染後2?6週間して発熱、のどや筋肉の痛み、皮疹などが数週間続きます。その後、無症状になり、5?10年してエイズが発症します。エイズが発症してからでは手遅れですので、感染後4週間したら保健所でHIV検査を受けましょう。無料、匿名で受けられ、血液検査でHIVに感染しているかがわかります。HIV感染症は、早期発見、早期治療が重要です。

 

 性器クラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、梅毒などに感染している人は、HIVに感染しやすいです。男性同性愛者の肛門性交で感染することが多いですが、異性間の性行為やフェラチオでも感染します。予防にはコンドームがよく、フェラチオでもコンドームを付けましょう。

 

(7)赤痢アメーバ症

 

 性感染症としては男性同性愛者に多いですが、異性間でも肛門をなめると感染することがあります。口から感染した赤痢アメーバは、大腸炎などを起こします。感染してから症状が出るまでの期間は、2週間?数年です。アメーバ性大腸炎では、下痢、粘血便、排便時の下腹部痛などが起きます。症状が出たら、医者にかかりましょう。

 

 予防にはコンドームをつけ、肛門と口が接触しないようにします。

 

(8)B型肝炎

 

 性行為で感染した場合は、2?6週後に血液検査でHBs抗原などが陽性になります。その2?3週後に急性肝炎になるのが約30%で、無症状で経過する人の方が多いです。

 

 予防にはコンドームがよく、フェラチオでもコンドームを付けましょう。B型肝炎の予防にはHBワクチンが有効ですが、自分に抗体があるかを先に検査する必要があります。

 

(9)ケジラミ症

 

 ケジラミは陰毛に寄生し、性行為、スキンシップで感染します。感染後1?2ヶ月すると、陰毛のある部分にかゆみが出現しますが、皮疹はみられません。陰毛以外に、肛門周囲、わきの下、大腿部の毛にも寄生することがあり、その場合は寄生している部位にかゆみが出現します。白いパンツをはいていると、パンツに茶色い粉(ケジラミの便)がつきます。

 

 治療はケジラミの寄生している部位の剃毛ですが、広く寄生している場合は スミスリンパウダーまたはスミスリンLシャンプータイプを使います。性行為以外の感染もあり、家族内感染を起こすこともあります。コンドームで予防はできません。

 


 

 

 

ガンのことを考えたとしても、心から望む最良のシナリオを描きましょう。

 

 たとえば、

 

「手術が成功して、ガンが完全に治る」

 

「抗ガン剤が効き、ガンが消滅する」

 

「5年生存率が10%と言われたが、その10%に入って長生きする」

 

「ガンを克服して、毎年、家族と海外旅行に出かける」

 

「ガンが完全に治って、仕事をバリバリこなしている」

 

「ガンを克服して、第二の人生を趣味に生きる」

 

 といったことです。

 

 先ほど紹介した本の著者の1人、アラン・ピーズは、47歳のときに進行性の前立腺ガンと診断されます。手術でガンがすべて取りきれず、医師から「余命は約3年で、生き残る人はわずか3%」と言われます。

 

 しかし、彼は「先生、私はその3%のグループに入ることにします!」と宣言し、RASにガンが治った自分を書き込みます。

 

 その結果、彼はガンを克服し、今まで16年間以上も生きることができたのです。

 

 たとえ進行ガンで、統計的には生存率が低いとしても、生き残る≠ニ脳をプログラミングすることで現実になることを、自ら証明してみせたわけです。

 

 だから、ガンになってもつねに前を向き、希望をもって毎日を過ごし、最悪のシナリオではなく、心から望む最もよいシナリオを心に描き続けましょう。

 

ガンが治る人

 

 ガンを克服する「解決策」を考える

 

ガンが治らない人

 

 ガンになった「原因」ばかりを考える

 

 人は困難な問題に直面したとき、後ろ向きな考えにとらわれ、前向きな考えはなかなか浮かんできません。

 

 そして、ガンになったときも、克服する「解決策」に気持ちが向かないものです。

 

 もちろん、問題の解決策を考えるとき、その原因について考える必要はあります。

 

 しかし、ガンの原因は1つではありません。

 

 ガンは遺伝的な素因(生まれながらの遺伝子の異常)、加齢、DNAの複製エラー、感染、免疫力の低下、発ガン物質への暴露、および生活習慣(喫煙・飲酒・食事・運動)など多くの因子が複雑にからんで発症します。

 

 一概に、これまでの生き方が悪かったからガンになった、とはいえないのです。

 

 もちろん、喫煙や過度の飲酒、食生活の乱れがガンの成長を早めたかもしれません。だとすれば、これまでの生活習慣を反省することは大切です。

 

 しかし、ガンになったことを悔やんだり、自分を責めたり、あるいはガンの原因を探ることばかりに意識を集中したりしたところで、明確な答えは得られないでしょうし、ガンが治るわけではありません。

 

 むしろ、問題の解決策に目を向けるべきなのです。

 

『あなたの潜在能力を引き出す20の原則』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の中では、障害物に直面したときに成功者が適用するという「90対10のルール」を紹介しています。

 

 これは、意識の10%だけを問題に向け、残りの90%を解決策に向けて、その障害物を乗り越えるのに必要な行動をおこすということです。

 

 ですから、ガンになったときは、原因について考える時間をなるべく減らし、「ガンをどうやって克服するか」という解決策を考えることに切り替えるようにしましょう。ガンについての情報を集め、どの病院でどのような治療を受けるべきかをじっくり考えてください。

 

 食生活が乱れていると思ったら、どうやったら改善できるかを考え、運動不足だと思ったら、毎日体を動かすことを考えましょう。

 

 もし日常生活で強いストレスを感じているのであれば、どうやってその問題を解決するかに集中してください。

 

 過去から未来に目を向け、これからガンを克服するためにはどうしたらいいかについて考えていきましょう。

 

ガンが治る人

 

 まわりの人を頼り、感謝できる

 

ガンが治らない人

 

 まわりの人に相談せず、1人で抱え込む

 

 人間は1人では生きていけません。

 

 ガンを克服するには、患者1人の力だけでなく、まわりの多くの人の支えが必要です。

 

 しかし、なかには、「家族やまわりの人に、心配や迷惑をかけたくない」という患者さんがいるかもしれません。

 

 あなたのまわりを見渡してみましょう。

 

 家族やまわりの人も、きっと患者さんの役に立ちたいと思っています。最も頼りになる応援団は家族です。ときには甘えることも必要です。

 

 愛する家族、特に配偶者(妻や夫)や子ども、あるいは孫がいることは、「絶対に生きよう」という気持ちを高め、ガンを克服するための勇気やパワーになります。

 

 多くの研究で、配偶者がいるガン患者は、未婚または配偶者と死別した独身のガン患者に比べて死亡リスクが下がり、より長く生きることが報告されています。

 

 支えてくれる家族がいることに感謝しましょう。

 

 ガン自然寛解の研究で有名な、米国のケリー・ターナー博士は、著書『がんが自然に治る生き方』(プレジデント社)のなかで、ステージ4を含めたガンが劇的に治った「ガンサバイバー」が実行していた9つのことを紹介しています。

 

 このなかの1つに、「周囲の人の支え(サポート)を受け入れる」というのがあります。

 

 これは、大切な人に愛されている≠ニ実感することで、免疫システムのはたらきが向上し、ガンなど病気の治癒をうながす効果がある、ということです。

 

 逆に、まわりに支えてくれる人がいないと感じる「孤独感」が、ガンの死亡率を高めるというデータも紹介しています。

 

 


更新履歴